もちの丸の土俵入り。
おすもうさんの輪の中にいても、
もちの丸はやはり、もちのような肌である。
もちのような肌をもつ、静かなるおとこである。