つらいことがあると、
なぜかげんしの時代に想いを馳せてしまう
ぽにょおくん。